気になるニオイの原因を探ろう|美容外科でワキガ治療ができる

神経の伝達を弱らせる

注射器

眉間の小じわが気になるという人やワキガが気になるという人は美容外科へ足を運ぶといいでしょう。美容外科では美に関するいろいろな施術が行なわれており、それらの悩みを解消することができるのです。例えば、太ももやお腹についてしまった脂肪を落とすために脂肪吸引を行なっています。また、一重を切開法や埋没法で二重にすることもできるでしょう。コンプレックスを感じている箇所を治すための様々な治療が行なわれているのです。美容外科ではボトックス注射を用いた施術もおこなわれています。このボトックス注射を気になる箇所に打ち込むとその部分の筋肉の緊張を緩めることができるのです。なぜ、筋肉が緩むのかというと、ボトックスというタンパク質の働きによって神経の伝達物質であるアセチルコリンの伝達を弱くすることができるからです。アセチルコリンの伝達が弱くなれば、筋肉を硬くしている神経の命令が弱くなり緊張を解すことができるのです。このボトックス注射を利用すると、筋肉の緊張でできてしまった眉間や額のシワ、目元のシワを改善することができるでしょう。また、注入した部位の肌にハリが出るため、シワを消す効果と合わせて若返った印象を作ることができるのです。美容外科ではシワだけでなくワキガや多汗症の治療にもボトックス注射が用いられます。この注射をワキに注入することで神経の伝達が妨げられ、アポクリン汗腺やエクリン汗腺からの汗の分泌量を減らすことができるのです。また、ボトックスは花粉症のアレルギー反応を抑えるのにも用いられることがあります。